別れさせ屋を利用するメリットをしっかり理解し、考えよう

依頼して解決するわけではない?依頼のその先も考えよう

スッキリ解決できるわけではない

本来、男女間の問題は本人達の話し合いなどで問題解決に至るべきなのです。
しかし、様々な事情でそれが叶わない場合に別れさせ屋に依頼するのですが、依頼すればすべて解決するというわけではありません。

ターゲットが工作員に心移りをして別れた後、工作員や仕掛け人は依頼が終わったので行方をくらませます。
それはある意味、人の心を踏みにじる行為にもなり、例え不倫相手や復讐相手であったしても、後味が悪くスッキリ解決するものではありません。

依頼している自身も同じ業を背負うことをしっかり覚えておきましょう。

別れることで問題が解決するのではなく、そもそも何故そのような状態になってしまったかもしっかり考えることも大切です。

本当に解決するべきことは

別れることで依頼は終わりますが、大切なのはその後です。
別れたことで関係を解消し、それ自体で問題が解決すれば良いですが、不倫に関しては相手を工作で遠ざけたとしても、その後の夫婦間の問題は結局のところ本人達が考えなければいけないことなのです。

工作で別れても、また不倫をしてしまっていては根本的な解決には至りません。
この別れさせ屋をきっかけに今後の在り方を考えることが重要なのです。

また、ケースとしては逆の立場、不倫相手が夫婦を別れさせようと依頼した場合、そこまでして手に入れた関係が今後幸せに続くのか?
依頼をして関係を半ば強制的に解消した後は、また別の様々な問題にも直面することにもなるでしょう。

そういった様々なリスクもあることを必ず理解しておくことが自身のためにもなるのです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る