別れさせ屋に相談するメリットとデメリット

別れさせ屋を利用するメリットをしっかり理解し、考えよう

探偵の一業務だった、別れさせ屋

夫婦やカップル、不倫相手などを自分から別れるように演出する別れさせ屋。 具体的に別れさせ屋とはどのようなものなのでしょうか? どのような人が依頼し利用するものなのか、どういった内容で別れさせてしまうのか? 別れさせ屋の別れの演出についてご説明します。

相談するメリットとデメリット

別れさせ屋に依頼をすることでどのような効果があるのでしょうか。 様々な事情があって行い、解決した事例も多いですが、人と人を故意に遠ざける行為は時として大きなデメリットも生じることになります。 そのメリットとデメリットについてしっかり把握しておきましょう。

別れさせ屋とは何をするのか?

縁のない方は名前すら聞いたこともないかもしれませんが、実際に職として存在している「別れさせ屋」。
元々は探偵が担う業務の一環であったもので、業界では「別れさせ工作」と呼ばれ、一つの職として現在は成り立っているのです。

依頼する人の事情は様々ですが、基本的に工作員や仕込みを配置し、ターゲットの相手の心を移行させることを目的としています。
特定の2人を自分が直接関与せずに、尚且つ相手から別れるように演出するのですが、問題が解決することももちろんあれば、トラブルに発展することもあります。

依頼したことがバレれば確実にトラブルに発展するので、仕事自体はとても大変なものでもあります。
本人たちの意思に反して別れるように演出するため、倫理的な問題も多く、探偵業務として法律も施行されたといいます。

また、これらの悩みは周囲に話せない内容であるため、悪質な業者が詐欺を働くことも多く、注意が必要です。
別れさせ屋とは、依頼する側にも大きなリスクが付きまとうことをしっかり考えなければいけません。

不倫相手に対する制裁として依頼する方も多いのですが、それが直接的な解決になるかどうかは今でも議論されています。
ただし、DVなど家庭内での問題に悩んだ当事者が依頼するケースもあり、別れさせ工作を行うことで離婚へと向かい、解決できた事例もあります。

復縁するために特殊工作を依頼することも多く、すべてがネガティブな感情からくるものではないのが特徴です。

依頼して解決するわけではない?依頼のその先も考えよう

実際に依頼して、別れたとしても、それで本当に終わりなのでしょうか? 自身の意思と反して別れへと向かってしまった人のその後は? 依頼して別れさせた側は本当に幸せなのでしょうか。 依頼が終わった後のこともしっかり考えなければならない難しい問題ではあります。

TOPへ戻る